ウズベキスタンの大切な伝統は、母の愛

ウズベキスタンのギジュドバンという街で
伝統的な刺繍を見つけました!

スザニという名前で
子宝や家内安全を祈った
モチーフが縫い込まれていて
もともとは娘が生まれるとその嫁入りの時に
母から贈られるものだったそうです。

その淡い色合いの秘密は
糸を染める染料にあり
玉ねぎやクルミ、木の皮など
全て天然の素材で染められている
ウズベキスタンでも数少ない
残っている伝統のひとつです。
ウズベキスタンのギジュドバン

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL