意外なところから解決!!

長い間かかって試行錯誤をくり返してきた、和紙のバッグにつけるチャームの部分・・・表に和紙、裏面にブランド名、あ?反対か?表がブランド名・・・

のものを樹脂で固めて・・・・という作業・・・・

これがかなり難航し、やっとの思いでできたのですが、ものすごい手間隙がかかる上に、成功する確率が低い・・・しかも、精度があまりよろしうない・・・

という3大悪の要素みたいなことになっておりまして・・・・それでも、本体と同じ和紙を使う事にこだわり続けて、実験を繰り返しておりました・・・・

業者さんにも色々相談したのですが、良い結果がえられず・・・・と重い日々をすごしておりましたが、

ここにきて、なんと!先日ご縁をいただいた射出成形、3Dキャド加工をされている会社の社長さんから、ご紹介頂いたものがまさに!

直径といい、イメージといいピッタリ!アクリルで閉じ込めるわけではないので、和紙が濡れた感じにならずに、風合いそのままで活かせるもの・・・パチッとアクリルでふたをするもの!なんということでしょう〜?!

こんなにピッタリのサイズがあるのでしょうか〜?!まさに〜このために作っていただいたかのような・・・・フィット感!スンバらしいではあ〜りませぬか?!

先日の事故以来落ち込んでおりましたが、地獄から・・・天国へ〜!

とっても嬉しい瞬間でございました!!

ご縁を頂戴致しました藤川社長、ありがとうございました!

早速、3Dでなにかできないかと企んでおります〜!

DSC_2229FB_IMG_14042824977902675

 

DSC_2237 実験で失敗した残骸の一部・・・山盛りすぎて・・・^^;

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL