ハンガリーで知った事

ライリーはついにヨーロッパへ。ハンガリーの首都ブダペストにやってきました。
街を散策していると、なぜかドナウ川に向かって並ぶたくさんの靴の銅像を見つけました。 まわりには、黙ってそこにお花を手向ける人や、じっと祈る人たちがいました。
誰もが知っている、ナチスの被害者ユダヤ人に、ハンガリー系ユダヤ人がどれだけ多く含まれていたか、この時まで知りませんでした。

靴の銅像は老若男女、さまざまな種類のものがありました。あの時、この場所で多くの人々が、ここに立たされて銃殺され、そのまま川へと沈んで行きました。
悲しい歴史を忘れないためにつくられたたくさんの靴の像の前で、ライリーもだまってしばらく何かを考えていました。

ハンガリー

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL